日常

モットー or スローガン?

月曜日、東京オリンピックの「モットー」なるものが発表された。「United by Emotion」というのだそうだ。オリンピックの公式ホームページによれば、「大会モットーとは、大会ビジョンを研ぎ澄まし、大会の主催者が世界と共有したいアイデアやコンセプトの本…

休日が多すぎる

どこの学校でも同様だと思うが、私の勤務先でも今、来年度の予定表というのを作っている。なかなか大変な作業だ。 3年生は、生徒が選択した進路に応じて、多忙のピークが異なる。私の勤務先のように大学進学も就職もいるという学校は大変だ。多忙のピークが…

世の中とはそういうもの

(2月17日付け「学年だより№39」より②) 【可能性を感じた学年集会・・・】 学年集会で1年間を振り返るのに、「パネルディスカッション」の形はどう?という案が出た時には、パネラーになってくれる生徒がいるだろうか?という心配をしていた。ところ…

富士山の標高はエベレストの2倍

(2月17日付け「学年だより№39」より①) 新型肺炎の勢いが止まらない。発生源とされる中国・武漢は、中国の近代史(日本との関係も)を考える上ではとても重要な町だ。私も、自分の学問との関係で、わずか数日ながら訪ねたことがある。その時世話になっ…

永遠に遠い南極(2)

学校長が書く推薦書にも、たくさんの注文(お願い)をした。校長は、「今回で最後ね」とさんざん念を押しながらも、要望をよく聞いてくれた。私がこれだけは必ず書いて欲しい、とお願いしたのは、現行の制度によると、あと8年間常勤で学校にいることが出来…

永遠に遠い南極(1)

一昨年の春、私が南極観測隊の「教員派遣プログラム」に応募した顛末を連載した(→こちら)。その時は自信満々。南極に行く前=何も見ていない、体験していない時点で作るという得体の知れない授業案がどう評価されるかは不安だったし、自分というものをアピ…

自力でハードルを越えよ

(2月10日付け「学年だより№38」より②) 【自力でハードルを越えよ】 考査なんて「勉強」のごく一部でしかないので、そのことを分かってもらうためにもあまり大騒ぎをしないようにしているのだが、今年度最後ということなので、少し思うところを書いて…

エンドロール

(2月4日付け「学年だより№37」より・・・出しましたよ、というだけの記事) 2月になった。古文の授業でやった通り、2月のことを古来「如月(きさらぎ)」と言う。語源についてはいくつかの説があるようだが、「衣更着(衣を更に重ねて着る)」が変化…

楽しいというだけで価値あり

(1月31日付け「学年だより№37」より②) 【何のために学ぶのか(3)・・・楽しいというだけで価値あり】 キャンパス集会での校長の話をきっかけに、何のために学ぶのか、ということについて2回に渡って書いたが、どうも話が堅苦しく(←私の性格?)、…

四季桜の怪

(1月31日付け「学年だより№37」より①) ほとんど雪というものを見ることなく、1月も今日でおしまい。異常である。 さて、私が愛する塩釜神社の境内では、モミジと入れ替わるように、境内に数本ある四季桜が咲き始め、今も花を付けている。「四季」と…

何のために学ぶのか?(続)

(1月23日付け「学年だより№35」より②) 【続・何のために学ぶのだろうか・・・?】 より質の高い「面白さ」が分かるようになるために学ぶ、というのは前回の話(→こちら)。補足的に、もう少し続けて考えてみよう。学ぶ理由は大きく分けて二つ。 「自…

今年の年賀状から

(1月23日付け「学年だより№35」より①) 私が毎朝訪ねる塩釜神社は、ようやく初詣のための様々な施設が片付けられた。日曜日には、年賀ハガキの抽選があった。お正月もずいぶん遠くなった、という気がする。 さて、年賀ハガキの番号チェックをしながら…

何のために学ぶのか?

(1月16日「学年だより№34」より②) 【何のために学ぶのか?】 ビジネス科の諸君はキャンパスが違うため聞いていないが、1月8日、東キャンパス集会で校長が語ったのは、何のために勉強するのか、ということだった。ごく簡単に言えば、勉強しなければ…

不完全な方がいい

しばらく更新をしなかった。特に理由はない。気分が乗らなかったのである。 暖かい。先週から今週にかけて雨が3日降った。昨日少しの間だけ雪に変わり、そのタイミングで書いた以下では、「少し寒くなってきた」になっているが、その後雨に変わった。1月の…

お賽銭後払い

年末に、実家の母(82歳)が手足を骨折などしたこともあって、どこに行くということもなく、長く実家でじっとしていた。明日の御用始めを前に、今日、自宅に戻った。 9月末以来、右膝に水がたまる。ぷくっとふくれるだけで、痛いとか動かしにくいというこ…

謹賀新年 2020年元旦

まず、今年の年賀状の文面から。 謹賀新年 2020年元旦 お元気で、よい新年をお迎えのことと存じます。 おかげさまで、我が家も一同元気に過ごしております。 私は体調良好をいいことに、少々飲み過ぎ気味。夏には念願かなって、南アルプスの3000m峰…

狭い了見を克服せよ・・・冬季課外

昨日に続き、「学年だより№32」を引用するところなのだが、いきさつが分からないと理解できないので、まず最初にそれを書いておく。 今日と明日の2日間、「冬季課外」なるものが予定されていた。「やる」ということだけ決まっていて、具体的に何をするか…

年賀状を出そう

塩釜高校は今日が終業式(正確には「キャンパス集会」)。塩釜神社のモミジもちょうど全ての葉が落ち、初詣の準備が始まった。年の瀬を感じるいいタイミングだと思う。 (12月24日付け「学年だより№32」より①) この数日、年賀状を書くのに忙殺されて…

非常識で親切な人々

(12月16日付け「学年だより№31」より) 師走も半ば。私も人並みに「大掃除」くらいはする。先日、自室の大掃除をしていたら、机の中から、何枚かの切手が入った古い封筒が出てきた。1983年11月~12月、私がイラン旅行していた時に買ったもの…

「夢」は何ですか?

(12月9日付け「学年だより№29」より①) 2年生の修学旅行もあっと言う間に終わり、また「日常」が戻って来た。2週間あまり前、№27で、塩釜神社で最も紅葉の遅い七曲り坂下り口のモミジが間もなく盛り、ということを書いた。ところが、「間もなく」…

見えると安心、仙台のED75

ちょっとした用事があって、午後、仙台に行っていた。 東仙台駅と仙台駅の間には車両基地がある。正式にはJR東日本・仙台車両センターと言うらしい。元々「鉄男」であった私は、車両基地が大好きなのだが、最近は、新幹線と普通列車だけという単純化によっ…

あんた、本当に興味あるの?

(12月2日付け「学年だより№28」より②) 先々週末、東北学院大学を始めとする仙台市内の各大学で、推薦・AO入試の合格発表があった。そこで、先週月曜日から火曜日にかけての放課後、結果報告に来た多くの3年生で、東職員室もにぎわっていた。「先生…

寒い夜に北欧の熱い合唱団

昨夜は、東北大学の川内萩ホールで行われた、ペーター・ダイクストラ指揮するスウェーデン放送合唱団の演奏会に行った。チケットをいただいた上、かわいい合唱部の生徒を6人臨時引率である。仙台駅からホールまで歩く道すがら、寒いなぁ、これはどう考えて…

大木健氏「高校生向け公開講座」

(11月25日付け「学年だより№27」より) 菊祭りが終わった塩釜神社は、そのタイミングを待っていたかのように、モミジの紅葉が始まった。1本のモミジの木の色づき始めから完全に落葉するまでをじっと観察してみると、本当にドラマチックだ。 枝先から…

素直に心を開くことができる

(11月15日付け「学年だより№26」より②) 芸術鑑賞会について、学校としてのアンケートや感想文の課題というものはなかったが、翌日、1学年の某クラスでは担任が独自にアンケートを取った。それによれば、A~Eの5段階評価で、Aが約75%、Bまで…

ベルリンの壁崩壊30周年

(11月15日付け「学年だより№26」より①) ○○何周年シリーズ、というわけではないが、先週の土曜日は、「ベルリンの壁」崩壊30周年だった。「ベルリンの壁」とは、昔、東ドイツの中に飛び地として存在していた西ベルリンを封鎖し、東(社会主義体制の…

「本を読む」or「本に読まれる」

(10月8日付け「学年だより№25」より②) 少し前の話になるが、9月の丸々1ヶ月間をかけて、私は普通科の夏休み課題「読書記録」(=簡単な感想文)約300枚をせっせと読んだ。私は、諸君の感想以上に、本の選択に関心があった。もちろん、千差万別な…

わざわざ見に行く

(10月8日付け「学年だより№25」より①) 今週、塩釜神社は菊祭りだ。それに合わせて(?)、ついに社務所の屋根の葺き替え工事が終わり、覆いや足場が取り外された。丸2ヶ月ぶりのことである。御文庫と違って、こちらは銅板葺き。古い日本建築に似合わ…

石巻でも水害!!

週末たびに雨が降っていたから、今日からの3連休、予報が3日とも「晴れ」だというのは、なんだか新鮮な感じがする。山は紅葉の季節でもあるし、どうせ家族は遊んでくれないし、以前からの懸案だった「六十里越え」(山形県)でも歩きに行こうかなぁ、と思…

USJには行かないんですかっ!?

(10月30日付け「学年だより№24」より ②) 先週の金曜日だったか、廊下で私は突然3名の女子生徒に取り囲まれた。たいそうご立腹である。 Q「せんせっ!修学旅行についてのプリント見ましたよ。USJには行かないんですか?」A「普通科は今から考える…