社会

COP27閉会・・・戦争と環境

COP27が閉会した。発展途上国が気候変動によって受けた損害を補償するための基金創設が合意された「歴史的」な会となった、という報道も目にしたが、こと温暖化にブレーキをかけるということに関しては、ほとんど何の進展もなかったように見える。基金…

ウソつきは泥棒の始まり

29兆円を超える政府の物価高騰対策案はいよいよ国会審議となる。案が出た先月の末、新聞各紙の社説は、こぞって財政規律をどうするのだ、と批判していた。まったく同感だ。借金ばかりでお金のない日本が、特に燃料価格なんて下がる要素が何もないのに、見…

欠席連絡のあり方

先週の土曜日、大阪で、親が子供を車に乗せたまま保育所に預けるのを忘れ、車内に放置された子供が熱中症で死ぬという事故が起こった。車はワゴン車らしい。いくら大きい車とは言っても、しょせん4畳半一間にもならない狭いスペースである。子供を下ろして…

ハロウィーンの事故

韓国の李泰院(イデウォン)で、あまりにも密になりすぎたために、150人を超える人々が死んでから、早くも1週間が経過した。18㎡(3.2m×5.7mの路地)に300人が積み重なるように倒れていたという。特別広いわけでもない我が家に、2500人…

欧米思想に毒された私?

昨日の夕方、暗くなってから帰宅したら、我が家の沖にたくさんの船の灯りが見えていた。漁り火かな、と思ったほどである。今朝、起きてみたら、おそらく2000~4000トンくらいの小型タンカーを中心とする商用船がたくさん停泊している。台風の時など…

新習近平体制について

第20回中国共産党大会が終わった。周知のとおり、習近平がほぼ独裁体制を確立させた。総書記が最も強い力を持つのは当然だが、その最も近くにいて、大きな権限を持つのが政治局常務委員会の6人である。習近平は、それを完全にイエスマンで固めたという。…

国力の低下

円安が止まらない。毎日1円くらいずつ値を下げる。アメリカとの金利の差が主要因とされていたが、ドルに対する価値の低下が、他のどの国の通貨と比べても際立っているらしく、原因は金利だけではない、国力そのものの低下なのだ、ということをほとんど毎日…

宗教法人よりも政治家の問題

旧統一教会(面倒なので、以下「旧」省略)についての動きが慌ただしい。支持率の低下に危機感を感じてか、首相は、ついに宗教法人法に基づく調査権を行使し、実態の解明に乗り出すと言い始めた。 おいおい待てよ、と私なんかは思う。世の中の人々(特に政府…

節エネ策・・・絶対評価を併用せよ

止めればいいのに、付け焼き刃のばらまき政策であるガソリン補助金は、またまた延長らしい。加えて、電気にも何らかの「負担軽減策」を実施するという話が出ている。具体的な内容はまだ明らかでないが、いずれ補助金ということになるだろう。 私は、ガソリン…

コロナの余波と北泉が岳

北泉が岳(1253m)に行ってきた。本当に久しぶりで、登山の新人大会に補助員として参加したのである。「本当に久しぶりで」というのは、もちろんコロナの余波。 「密」になるからテント泊がダメだ、飲食がダメだということで、高校の登山部も、軒並み活…

只見線の壁

今月の1日、JR只見線が復旧、全線で運転を再開した。小学校時代から「乗り鉄」傾向が強かった私は、一度、この山間を走るローカル線に乗りたいと思いながら、よくは憶えていない様々な事情で、行くことができないままに50年近くが経った。 2011年に…

「あなたの判断はいつも正しかった」

昨日、安倍元首相の「国葬儀」というものが行われた。4200人が出席したらしい。事前に、欠席連絡が相次いだので、政府は追加の招待状を付け焼き刃的に相当数発送したというような報道がなされていたが、それをもってしても、なお当初の予定より参列者が…

台風の休校判断

今日は秋分の日。季節の変わり目である。台風14号がやって来る直前だった月曜日はひどく暑く、しかも、風が強くて窓が開けられないものだから、これだったら、35℃でも、窓を全開にできる時の方がまだよかったなぁ、台風が南の気団を運んできたら、もっと…

「国葬儀」の怪

数日前の記事に書かれたコメントに気付いている人などほとんどいないだろう。 9月7日の「国葬に表れたもう一つのゆがみ」という記事について、ある読者の方から、「国葬は葬儀ではありません。」という短いコメントをいただいた。「国葬」の「葬」は「葬儀…

ガッテン!8年8ヶ月の違和感

安倍元首相の国葬に関して、その正当性に関し、自民党から必ず出てくるのは、まず第一に「憲政史上最長の8年8ヶ月も首相を務めた」という実績だ。 私は、この話を初めて聞いた時から、この理由にひどく違和感を感じてきた。しかし、自分がなぜ違和感を感じ…

理念なき石油補助金

先週末、現在1リットル当たり35円も(!!)支給されている石油補助金が、今年末まで延長されることになったという報道が出た。官房長官なり首相なりが事情を詳しく説明したのかも知れないが、私は聞いていない。新聞記事を読む限りでは、その説明の杜撰…

国葬に表れたもう一つのゆがみ

まず最初に「懺悔」をしておこう。 7月初旬に、安倍元首相が殺された時、私はそれを「勘違いによって殺された」と書いた(→こちら)。ところが、実際には「勘違い」どころではなく、正に怨みを持つべき理由があったのだ、ということが日々明瞭になってきた…

バイオマス発電所に当たり前の壁

毎日新聞では、「気候革命」という連載をしている(おそらく不定期)。一昨日は、バイオマス発電を特集していた。第1面4分の1と、第3面半分という巨大な記事である。見出しは、「バイオマス発電 岐路」(第1面)、「輸入頼み 燃料争奪戦」(第3面)だ…

コロナの中の文化祭

そう言えば、先週の土曜日、娘の高校の文化祭を見に行った。娘は高校3年生。コロナ対策で、3年生の保護者だけは、事前登録制で入場が許可される仕組みになっていた。 娘が出場するクラス・パフォーマンスの直前に高校に行く。それなりに保護者の姿は見える…

希望を探す

石巻は涼しい日が続いている。昨日こそ少し蒸し暑かったが、今日は雨で肌寒かった。明け方、毛布を引っ張り出してきたほどだ。 一方、気象情報を見ていると、西日本はぞっとするほどの暑さが続いている。何かの間違いで35℃(猛暑日)とかが2~3日続くと…

改めて国葬に反対する

育英学園高校の甲子園優勝に関する話を挟んで、再び、現政権のことに戻る。 今回の世論調査では、「国葬」に関することが問われていなかったようだ。その前の調査の時には、国葬への賛否が問われていたのに、なぜ今回消えたのだろう?既に国葬は実施の準備が…

統一教会問題より大切なもの

前回このブログを更新してから1週間経った。なんだか、ずいぶん長い間書いていなかったような気がするが、しょせん1週間。 前回、法隆寺について書いた日までが、私の夏休みだった。休みが明けて学校に行くようになってから、逆に頭が夏休みに入った感じで…

日本の夏

昨日から今日にかけて、石巻では「川開き祭り」というイベントが開かれていた。コロナの関係で3年ぶりの開催である。 町の中心部に車の乗り入れが禁止され、小中学生の鼓笛隊や踊り、たくさんの出店、その他もろもろの企画が行われていたのだが、私は行かな…

「ご講話拝聴」の虚しさ

朝起きてみると、素晴らしい「秋晴れ」である。湿度も非常に低く、水平線まで海がくっきりと見える。岩手県あたりで降った大雨の影響で、北上川からは濁った水が海に流れ込み、真っ青な海ではなかったけれど、本当に気持ちがいい。 石巻は、水曜日から気温が…

学習指導要領の哀しさ

昨日、朝起きたら、例によって見慣れない船が浮かんでいた。せいぜい300トンくらいまでの小さな船で、調査船か練習船と思われた。気にはなるが、手掛かりがないので、面倒に思いつつ(我が家のパソコンは立ち上げに非常に時間がかかるので・・・)、Marine T…

「仕方がない」よ

高校生、いや、社会全体がスマホ中毒であることは、今更言うまでもない。多くの人が絶えずスマホの画面をのぞき込んでいるのを見ながら、常に不愉快を感じている私は、今月、KDDIが不具合を起こした時には、「ざまみろ」と、ほんの少しながらいい気分で…

たとえ品位がなくても・・・政見放送問題

22日の読売新聞社説は、先日の参院選の政見放送を問題としている。見出しが「品位を欠く内容が目に余った」であることから分かるとおり、政見放送の内容があまりにもひどいから、与野党でそのあり方を見直すべきだ、というものである。読売新聞は、更に2…

国葬はすべきでない

参院選直前に、「勘違い」による銃撃で殺された元首相について、早々と「国葬」を行う旨の決定が閣議で為された。予想したことではあったけれども、ずいぶん簡単に決めるものだな、と驚いた。更にその後、自民党の幹事長が疑義を示した野党を念頭に、「国民…

市職員の率先垂範

先週土曜日の「石巻かほく」という新聞で、第1面トップは「市職員 通勤は公共交通で」という見出しの記事であった。「『地域の足』維持へ率先」とも書かれている。 見た瞬間、おお石巻市偉いなぁ、と思わず声に出してしまったほど感心した。読んでみると、…

教室でのお話

既に全国報道されているとおり、一昨日から大雨が降った。南側から叩きつけるような雨で、南側の部屋に南枕で寝ている私は、雨の音がうるさくて夜中に何度も目を覚ました。丘陵地帯にある我が家には被害がなく、目の前に広がる南浜津波復興祈念公園でも、石…