震災

「あかつき」復活と宇宙飛行士の教訓

土曜日が授業参観とPTA総会だったので、今日は代休。我が家の桜は満開だし、特に予定もなく、よく晴れて最高の休日となった。海は真っ青。2時半過ぎに「宮城丸」が工業港方面から漁港方面へと走って行った。ああ、水産高校航海類型の遠洋航海実習が間も…

防災は全員の総合力、のはず。

先日、例によって東日本大震災後の人間の動きについて、悪口雑言を書いたが、その後、今年初めて卒業生が出た多賀城高校災害科学科に関する新聞記事を読んだり、来年度の防災主任を誰がする、といったような勤務先での議論を聞いていて、むずむずとした違和…

人間の愚かさ

何度か書いたとおり、朝、塩釜駅で列車を降りると、学校へは直行せず、塩釜神社の境内を一回りする。これはますます強固な習慣となっている。学校に行く日で、塩釜神社に行かない日というのはほとんどない。それどころか、5時ちょうどに定時退勤できた日は…

教員の働き方改革

四国で運動不足になった上、寒くなってから夜のジョギングをサボりがちで、体の動きはいまひとつパッとしない。1月2日に東北本線館腰駅近くにある実家から、五社山、外山を往復(2時間半近くかかった)したらすっかりバテてしまい、少し哀しい気持ちにな…

美しく哀しい室戸岬・・・四国旅行(6)

高知での2日目、桂浜と室戸岬へ行った。今回の旅行期間中でもっとも天気に恵まれた1日である。穏やかに晴れ上がり、気温も上がって、カッターシャツ1枚で外を歩くことが出来る。 そんな桂浜は美しかった。龍馬が愛した場所だ、などという能書きはどうでも…

不憫なキツネ

昨朝の5時半過ぎことである。布団の中にいた私を、妻がリビングから声を潜めて呼んでいるのが聞こえた。何事かな、と思いながら、起き出して行ってみると、妻が庭を指さしながら「キツネ、キツネ」と言う。見れば、確かにキツネがいる。私も同じ場所に25…

ブラック・被災地巡検(2)

【大川小学校】 ここについては、私も甚だ胸の痛む場所で、係争中の訴訟については割り切れない思いがあるものの、あまりエゴだの愚かさだのと言うつもりはない。「三角地帯を避難場所としていた」「裏山に逃げるべきだった」といった報道を実感として理解し…

ブラック・被災地巡検(1)

昨日書いたとおり、昨日は県内外の高校教員10名あまりを案内して、石巻界隈の被災地巡りをしていた。とは言え、仙台発8:30。私は9:45に旧河北町の道の駅「上品の郷(じょうぼんのさと)」で合流し、10:00発でツアーの後、石巻市内でバイバイ…

バスのミステリー・ツアーまたは温暖化

今年もまた「記録的な」大雨だ。昨年よりも更にバージョンアップした感じがする。実際、今年の死者・行方不明者は150人にもなろうかという勢いだ。 私は極端なる環境主義者、温暖化に関する悲観主義者なのであるが、多少気温が高くても、すわ「温暖化だ!…

大川小学校裁判と石巻市議選

どれほどの価値があるかはわからないのだが、メモ的に記録しておこうと思っていたことがあるのをすっかり忘れていた。5月20日に投開票が行われた石巻市議会議員選挙である。 直前に、大川小学校の控訴審判決というのが出て、敗訴した市はそれに対して上告…

やむを得ない決定である

大川小学校裁判における2審、仙台高裁判決について、今日の夕方、石巻市議会は最高裁判所への上告を決めた。何かにつけて私の考えと政治的決定は相反するが、この件については私も同じ判断だ。2審判決は1審判決に比べて、津波の予見可能性を認めた分、よ…

何もかも間違い

今日は3月11日。東日本大震災から7年目である。我が家からの景色は更に変わった。南浜復興祈念公園の工事が急ピッチで進んでいる。すこし東に歩くと、北上川では堤防工事だ。マリーナとなる予定の場所付近では、何のためなのか、日曜日以外は連日くい打…

再読『新・平家物語』・・・宿命について

昨日、通勤の電車内で読み続けてきた吉川英治『新・平家物語』を読み終えた。ずっとこればかりを読んでいたわけではなく、時々、必要があって他の本を読んだりもしていたとはいえ、おそらく読み始めたのは昨年11月の上旬かと思うので、ほぼ丸々3ヶ月かか…

震災後の「命の森」・・・ラボ・トーク第9回

昨夜はラボ・トーク(→説明)第9回だった。今回の話者は、石巻専修大学准教授、環境調査、生態系保全修復技術の専門家・玉置仁(たまきひとし)先生。2006年に文部科学大臣による若手科学者賞を受賞したという、石巻専修大学の誇る気鋭の学者である。演…

石巻の小さなコミュニティの物語

寒い。家族の強い要望で、昨日、我が家でもついにストーブを点けた。 さて、今日の午後は、映画を見に行った。映画館ではなく、三陸河北新報社のビルである。青池憲司監督「まだ見ぬまちへ−石巻・小さなコミュニティの物語」。先月28日に監督から、映画が…

旧門脇小学校の整備方針に関する説明会

今日の午前中は、市の中央公民館で行われた「旧門脇小学校校舎の震災遺構整備方針に関する説明会」というのに行った。 私がこの会を知ったのは昨日の河北新報でである。「被災校舎どう残す 石巻・説明会を前に」という紙面の4分の1をも費やした大きな記事…

震災の教訓継承

一昨日4月3日、朝食の最中に、子供たちが「あっ!鳴いた鳴いた!!パパ、ウグイス鳴いたよ!」と大騒ぎをした。とうとう初鳴きである。私は何か他のことをしていて気付かなかったし、その後すぐに家を出てしまったので、残念ながら直接聞くことは出来なか…

起工式とまちびらき

3連休の中日、19日に我が家の梅が開花した。通勤の途上で見る梅の木には、ほとんど満開と言ってよいほどのものもあるから、日当たりがいいにもかかわらず、我が家の梅は遅い。遅いといえば、ウグイスもまだ鳴かない。 昨年は、初鳴きがいつだったかも分か…

6年目の風景

馬っ子山から帰ってきて、午後からは、高みの見物である。何しろ、指折りの被災地、国立南浜復興祈念公園予定地が我が家からは一望できる。3月11日に、そこに集まる人々をぼんやり眺めているのは、なんとなく世相というものを観察しているようで興味深い…

まねきshop

東日本大震災の被災地の中心に住み、家の20mくらい前まで津波が押し寄せ、目の前で大火事もあったのに、我が家の被害は職場で水没した車2台で200万円ほど(片方は軽の新車、片方は7年くらい経つFitだったので、こんなものだろう)であった。以前…

大川小学校判決

少し時間をさかのぼる。休筆期間中で最大の社会的話題は、アメリカ大統領選挙だっただろうが、それに次ぐものはと言えば、10月26日の大川小学校訴訟判決だったように思う。大々的に全国報道された通り、裁判所は学校の責任を認め、市と県に14億円あま…

やっぱり「人為」はよくない

今日の午前は、南浜復興祈念公園の説明会だった。協議会での議論も踏まえた上で(本当かな?)決定された公園の計画を市民に説明するための会である。場所は我が家から徒歩10分弱の石巻中央公民館。 と書けば、いかにも行ったみたいだが、実は行っていない…

ちやほやされて育つ

つい先日、他校のK先生と話をする機会があった。就職担当者同志である。話が、今年の3年生の質、ということに及んだ。私の勤務校でもそうなのだが、どうも今年の3年生はよくない、という話を耳にする。K先生も同感だ、と言う。 私は思わず、「これって、…

破れ窓理論・・・南浜地区復興祈念公園迷走曲(番外編)

思ったほど天気がよくならず、風も強かった今日、少し散歩に出てみた。南浜町の新しくなった「がんばろう石巻」看板方面である。 以前からのことではあるが、ゴミが本当にひどい。冷蔵庫やテレビといった家電製品が多いが、棚類や何かの廃材もある。もちろん…

復活!出港式

一昨日、宮城丸が出港して行った。これから2ヶ月、ハワイ沖での実習に励む。と、ここまでは宮水にとってただの年中行事。ところが、今年の出港は少し特別だった。東日本大震災で、岸壁の破損やら地盤沈下やらで出来なくなっていた「出港式」が、5年あまり…

南浜地区復興祈念公園迷走曲(終)

1月26日に(8)を書いてから、2ヶ月以上も経ってしまった。その間、2月15日に部会(分科会)の会議が開かれ、3月5日に第4回協議会が開かれた。私は、部会には出席したが、協議会には出なかった。いつまでたっても日程が決まらず、しびれを切らし…

ウグイスの異変、または奥深き大工場

3月13日、今年は暖冬だったにもかかわらず、我が家でウグイスがまだ鳴かない、ということを書いた。それから10日が経ったが、ウグイスはまだ鳴かない。どんなに冬が寒かった年でも、3月20日までには鳴いた。これはいよいよ異常事態である。原因は、…

ヒバリは鳴いているが、ウグイスはまだ鳴かない

一昨日、すなわち震災から満5年を迎えた3月11日、黙祷のサイレンが鳴らなかったということを書いた。多くの人が長く黙祷していたので、サイレンが聞こえていないのは私だけかな(笑)、と思っていたところ、翌日の新聞に記事が出た。ご丁寧に、今日も「…

震災から満5年の一日

今日は言わずと知れた震災から5年目の日。被災地のど真ん中で暮らしているので、淡々と身の回りのことを書いておこう。 朝は普通に学校に行った。交通量はとても少なかった。いつもは、日和大橋を越える時に、渋滞している車を自転車で何台も抜けるのに、今…

ブラームスの「ドイツレクイエム」

北海道から戻って早々、今日は、明日の高校入試の準備が終わってから、仙台まで古巣・仙台宗教音楽合唱団(宗音=しゅうおん)の演奏会を聴きに行った。とは言え、宗音単独の演奏会ではなく、山形交響楽団アマデウスコア、岡山バッハカンタータ協会、盛岡バ…