文明

驚愕のワールドカップ

こんなタイトルを付ければ、天の邪鬼な平居も、さすがに日本がドイツに勝ったともなると、人並みに驚き熱狂するのだな、と思う人も多いであろう。確かに、私は日本・ドイツ戦を最初から最後まで、1秒も目をそらさずに見ていて、試合が終わった時にはそれな…

COP27閉会・・・戦争と環境

COP27が閉会した。発展途上国が気候変動によって受けた損害を補償するための基金創設が合意された「歴史的」な会となった、という報道も目にしたが、こと温暖化にブレーキをかけるということに関しては、ほとんど何の進展もなかったように見える。基金…

もったいない魔法瓶

我が家には1台のポット(魔法瓶と言った方がイメージに合う)がある。上の部分を押すと、空気圧の作用で蛇口のような所からお湯が出てくる、いわば第2世代とも言うべき古い魔法瓶だ(第1世代は、傾けてお湯を出すやつ=私の定義)。何しろ、消費エネルギ…

立ち枯れるアオモリトドマツ

昨日から、仙台一高井戸沢小屋に行っていた。築後50年が経過して、井戸沢小屋も老朽化が目立つ。構造物そのものにはあまり問題がないことから、今月末、少し大きな改修工事を行うことになった。その下準備として、小屋内部の物を移動したり、粗大ゴミと言…

バイオマス発電所に当たり前の壁

毎日新聞では、「気候革命」という連載をしている(おそらく不定期)。一昨日は、バイオマス発電を特集していた。第1面4分の1と、第3面半分という巨大な記事である。見出しは、「バイオマス発電 岐路」(第1面)、「輸入頼み 燃料争奪戦」(第3面)だ…

ライプツィヒのバッハとスマホ

余韻を楽しむ、というのは大切である。音楽を聴いた後でも、映画を見た後でも、小説を読んだ後でも、少しの間は何もしないようにしている。「何も」というのは少し分かりにくいかも知れない。音楽を聴いた後なら、音楽は聴かない、映画を見た後なら、映画は…

「仕方がない」よ

高校生、いや、社会全体がスマホ中毒であることは、今更言うまでもない。多くの人が絶えずスマホの画面をのぞき込んでいるのを見ながら、常に不愉快を感じている私は、今月、KDDIが不具合を起こした時には、「ざまみろ」と、ほんの少しながらいい気分で…

市職員の率先垂範

先週土曜日の「石巻かほく」という新聞で、第1面トップは「市職員 通勤は公共交通で」という見出しの記事であった。「『地域の足』維持へ率先」とも書かれている。 見た瞬間、おお石巻市偉いなぁ、と思わず声に出してしまったほど感心した。読んでみると、…

夏らしい体育祭

石巻も暑い。1週間前の木曜日は、最高気温21.1℃だったのに、今日は34.5℃まで上がった。県内の観測地点の中で、仙台空港に次ぐ2番目の値だそうだ。いつも、夏場は仙台より3~5℃低い石巻としては、非常に珍しいことだ。とは言え、日中はよく風が吹…

蒼鷹丸とI・D・F

昨日からすっかり梅雨に入ったような感じだ。石巻は気温が15℃までも上がらず、とても寒い。梅雨と言えば、じめじめと蒸し暑いイメージもあるが、三陸海岸の南の端に位置する石巻では、山背が吹いて寒くなるというのが定番。もっとも、今回の寒さが山背かど…

私も「読売に同感です」

昨日の朝日新聞、社説の下の「社説余滴」という欄に、「本件、私は読売に同感です」と見出しの付いた記事が出た。科学社説担当記者・黒沢大陸という人が書いている。他社の記事に賛意を示す、しかもそのことを堂々と見出しに書いている記事というのは珍しい…

我が家の近くの風力発電機

環境問題、特に温暖化が社会問題化して以降、「再生可能エネルギー」という言葉を耳にすることが多い。太陽光発電であったり、風力発電であったり・・・である。私は、基本的に全てごまかしだろうと思っている。それらの発電装置の製造、取り付け、メインテ…

既存の技術で間に合う?

すでのご存じの通り、私は今月から石巻工業高校という学校に通い始めた。自転車で15分という通勤は甚だ快適。まだ新学期が始まっていないこともあって、ほぼ定時に学校を出ると、帰宅後走りに行っても夕食の準備に困らない。 さて、工業高校であれば当然読…

再論『人新世の「資本論」』(2)

著者は政治家は期待できないと言っている。政治家は、資本主義の枠にどっぷりと浸っているだけでなく、「次の選挙より先のことを考えることができない生き物」だからである。環境問題克服のためにまず求められるのは、ある程度長期的な視野である。 しかし、…

再論『人新世の「資本論」』(1)

先日、斎藤幸平『人新世の「資本論」』(集英社新書)を私は絶賛した(→こちら)。人から借りた本を3回読んでよれよれにして返し、その後、やっぱり欲しいなと思って買ってきて、また読んだ。 ところが、4回読むうちに、当初の感動は薄れ、いろいろと問題…

GIGAスクール構想に対する教員の態度

今日は、仙台で教職員組合の勉強会に参加していた。基調講演とも言うべきお話のタイトルは、「GIGAスクール構想・ICT教育を巡る情勢と教職員組合の役割」であった。お話の後、意見交換が行われた。いろいろな人が話すのを聞きながら、ちょっとまずい…

斎藤幸平『人新世の「資本論」』

この2日間、職場の同僚に勧められて斎藤幸平『人新世の「資本論」』(集英社新書、2020年)という本を読んでいた。これはびっくり。環境問題がいかに深刻な人類的課題であるかから始まって、資本主義が環境問題克服と絶対に矛盾する理由、それを克服す…

雄勝の「壁」

3連休の中日、ちょっとした事情があって、家族で石巻市雄勝に行った。震災後2回目であるが、前回は確か2011年9月(震災後半年)だったから、10年ぶり以上ということになる。巨大な防潮堤建設に関するニュースや記事を見ては、「げんなり」と言うか…

植松氏へのエール

抱えていた論文を1本出して、一息ついているということは、半月ほど前に書いた。その後も、のんびりと、懸案だった本を読んだり、改めて聴いてみたいと思った音楽を聴いたりしている。ただし、PCの調子があまりにも悪いので、ここに字を書くことがひどく…

「楽」や「便利」と引き替えに

(1月11日「学年主任だより№31」より①) *ブログの読者の方には、1月4日の記事と内容が重なっていてごめんなさい。 卒業を迎える諸君にとって特に重要な意味を持つ新しい年が始まった。冬休み中、事故の連絡等は受けていないので、充実した楽しい冬…

環境についての正直な議論

先週の金曜日、「文春オンライン」にアップされたトヨタ自動車社長・豊田章男氏のインタビュー記事を、とても興味深く読んだ。 氏はそこで、トヨタが生産する全車をEV(電気自動車)化しない理由を語っている。それは次の3点だ。1)EVに必要な蓄電池を…

次世代の危機感

(11月30日「学年主任だより№27」より)*なんだか過去の記事との重複部分が多すぎて、ここに公表するのが申し訳ないような内容なのだが、一応何かのために載せておこう。 もはや先々々週となる13日(土)、COP26(国連気候変動枠組み条約第2…

環境問題の議論をするために

先々週の土曜日、COP26が閉会した。本来は金曜日閉会の予定であったが、石炭火力発電所をどうするかなどの文言調整が難航した結果、1日延長となった。世界120ヶ国から非常に高い地位にある人を含めて、25000人以上が集まった巨大会議である。…

喜んでいる場合ではない・・・真鍋氏のノーベル賞

アメリカ国籍の元(?)日本人・真鍋叔郎氏が、ノーベル物理学賞を受賞するという。そもそも、ノーベル賞というものは世界人類の幸福実現に貢献した人に与えられるはずの賞なので、それが何人であるかはどうでもいい話だ。日本人が受賞したからと言って、私…

改革ではなく革命を

水曜日の河北新報に、「命脅かす気候危機」という巨大な見出しの記事が出た。1面の3分の2にも及ぶ大きな記事である。それによれば、9月6日に、世界の220を超える医学や看護学の専門誌が、温暖化とその影響についての共同論説記事を掲載したらしい。…

パラリンピックのことなど

(9月7日付け「学年主任だより№17」より①) *今回は裏だけでなく、表にも新聞記事二つ。 (9月3日付け河北新報より、西脇久夫氏の訃報貼り付け) この記事を見て、「これ誰?」という人は、塩高生ではない。諸君の大先輩(旧男子高の卒業生)、かつ現…

「戦争の教訓」と温暖化

(8月24日付「学年主任だより」№16より) なんだか長い夏休みだったような気がする。就職を始めとする進路決定についての様々な作業、オリンピック、コロナの感染爆発・・・と、落ち着かない要素が多かったからだろう。 東キャンパスは知らず、幸い、2…

身の毛のよだつ話

北海道で消化したスケジュールは次のとおりであった。(==は交通機関、--は友人の車、・・・は徒歩) 7月22日:仙台港19:40=(太平洋フェリー)7月23日:=11:00苫小牧港・・・苫小牧駅13:26=(室蘭本線・普通)=14:03追分1…

過剰なる熱中症対策

日曜日に梅雨明けした宮城県は、その後すっかり夏らしくなり、気温も上がった。いつ明けたのか分からないような梅雨よりもメリハリがあっていいなあ、やはり夏は夏らしくなければ・・・などと思っているのだが、なんだか困ったことが起こってきた。「困った…

青いアジサイ、ピンクのアジサイ

(7月14日「学年だより№14」より①)*旧「学年だより」から通算で第100号となります。 週間予報によれば、宮城県は今後晴れが続く。今週末からは気温も30℃を超えるとあって、なんだか梅雨が明けそうな勢いだ。通学時のことを考えると雨は嫌なもの…